江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(江戸川区)―

中村 龍治 院長/中愛外科(船堀駅・外科)の院長紹介ページ

中村 龍治 院長

RYUJI NAKAMURA

地域のホームドクターとして。
オールラウンドに患者さんを診ていく。

大学病院で外科・消化器科の診療を担当。父の病をきっかけにとして、「東小松川小学校前」より徒歩1分、「東小松川2丁目」より徒歩5分の『中愛外科』を引き継ぎ、現在にいたる。

中村 龍治 院長

中村 龍治 院長

中愛外科

江戸川区/東小松川/船堀駅

  • ●外科
  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●整形外科
  • ●皮膚科
  • ●脳神経外科

外科医だった父の背中を追って

中村 龍治 院長

この院の開業者が父なので、医師という職業がごく身近だった事もあり、自然と志すようになりました。
私が医師を志した頃は外科医を目指す人が圧倒的に多い時代でした。
また父が外科医だったこともあり、父がこの地域で活躍する場面を見て来ましたから、目指す科目も必然的に外科となった訳です。
しかし時代の流れで、医師の待遇の悪さや、重労働、医療ミス等リスクが高い事や、過剰なマスコミ報道の影響などもあり、現在は外科医を目指す人が少なくなりました。

内科、外科、皮膚科、整形外科、時に小児科。オールラウンドに患者さんを診ていく

中村 龍治 院長

大学の医局で外科・消化器科等を専門とした勤務医をしてましたが、父が体調を悪くした事から、この『中愛外科』の院長を引き継ぐ事になりました。
医局にいた頃に主張先などで各地の地域医療を経験してきましたので、比較的スムーズに着任することができたと思います。
医局時は手術などの専門的治療が中心でしたが、こちらでは外科はもちろん内科、皮膚科、整形外科、時には小児科なども、オールラウンドで患者さんを診る事が要求されます。

山登りの爽快感と開放感は格別

中村 龍治 院長

幼い娘が一人いますから、今は小さな娘を中心とした場所に出かけることが多いです。
娘と二人で近所の公園へ行ったり、時には上野動物園へ行ったりと、今はそういった時間を楽しんでいますね(笑)。

大学当時は相撲部・山岳部に所属していました。
私の大学の相撲部はとても強く、全日本学生相撲選手権に出場したり、医学部等の大会に出たりしてましたね。
山岳部に所属していたにもかかわらず、山登りの前は本当に嫌だったんです(笑)。でも下山後の、あの爽快感と開放感がたまりませんでした。

患者さんの要望に応えることが私のスタンス

特に最近では風邪の患者さんやお子様の患者さんが増えていますので、外科専門ですが特殊な目・耳・鼻以外は診ていますし、ご要望があれば内科も付随して診ています。
患者様のご要望に応える事はホームドクターとしてのスタンスだと思っています。

専門医をご紹介した方から、後に「良くなりました」という言葉をいただいた時や、風邪をひいた後、症状が良くなっても、頼って来院していただいた時などは嬉しく思います。

これから受診される患者さんへ

『中愛外科』は都営新宿線「船堀駅」の外科・内科・消化器内科・整形外科・皮膚科・脳神経外科です。内視鏡検査、エコー、超音波、検診なども積極的に行っており、お年寄りの多い地域ですから、患者さんのご希望があれば往診も行っております。
体調が悪い時は外科・内科問わず気軽に受診しやすい環境にしていき、今後も、愛着のあるこの地域に根付いた医師として活躍していきたいと思っています。

今後の展望は建物が老朽化してきた事もあり、新しくしたいと考えています。
バリアフリーにしたり、お子様からお年寄りの方全ての患者様のための作りに改善したいです。
将来的には内科を専門の科目として取り入れていきたいとも考えています。
当院から自宅が近いということもあり、場合により応じる事もありますが、今後は時間外にも対応していければと思います。

※上記記事は2009年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中村 龍治 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書
  • 好きな本:時代小説
  • 好きな映画:洋画
  • 好きなアーティスト:サザンオールスターズ
  • 好きな場所:浅草

グラフで見る『中村 龍治 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート