江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(江戸川区)―

久保 光司 院長/ひかり歯科医院(新小岩駅・小児歯科)の院長紹介ページ

久保 光司 院長

KOJI KUBO

街の歯科医院として、
患者さん本人の意志を尊重した治療を提供。

昭和大学歯学部卒業後、静岡の兄の元で修養を積み、2009年に『ひかり歯科医院』を開院(JR総武線「新小岩駅」から徒歩18分)

久保 光司 院長

久保 光司 院長

ひかり歯科医院

江戸川区/本一色/新小岩駅

  • ●小児歯科
  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

30代になってから目指した歯科の道

久保 光司 院長

実は、私が歯科医師になったのは30代になってから。それまでは、商社で営業マンとして働いていました。そんな私が歯科医師の道を志すようになったきっかけは、まず第一に、静岡で歯科医院を開業していた兄から「一緒にやらないか」と誘われたため。そしてそれ以上に大きかったのは、30代のときにあらためて自分や家族の将来のことを考えたときに、「手に職を付けて、一生涯続けられる仕事をしたい」と思ったからなんです。
そこで31歳のときに一念発起して、編入という形で母校の歯学部に入学。歯科医師になるための勉強をスタートさせました。とは言っても、その道のりは決して順風満帆というわけにはいきませんでした。学部の同級生は皆、自分より一回りも若い子たちばかり。もう彼らのようには脳が柔軟ではありませんでしたので、試験勉強などはとても苦労しましたね(笑)。それでも頑張ることができたのは、妻や子どもたちの支えがあったからだと思っています。
卒業後は単身赴任をして、静岡にある兄の歯科医院で数年働かせていただきました。その間、兄からは技術的なことももちろんですが、歯科医師という仕事の責任の重さや、だからこそのやりがいの大きさについても学びました。
しばらくは、病院がある静岡と家族がいる千葉を行き来する日が続いたのですが、やはり家族と過ごす時間を多く持ちたいということで、こちらに戻ってきまして、ひかり歯科医院を開業。ゆくゆくはもう1院開業して、医療法人化したいと考えています。

多くの患者さんが利用される街の歯科医院として

久保 光司 院長

ひかり歯科医院はJR総武線「小岩駅」を最寄り駅とし、診療科としては「一般歯科」と「小児歯科」の看板を掲げていますが、多くの患者様がご利用される街の歯科医院ですので、基本的には何でも診させていただいています。ただ、それとは一見矛盾するように聞こえるかもしれませんが、決して万能な人間ではありませんので、私ひとりで何でも解決できるとは思っていません。そこで定期的に、矯正歯科や口腔外科の専門の先生に来てもらい、患者様の症状によっては、そちらの先生たちに診ていただくようにしています。
患者様は近隣の方を中心に、あとは周囲に小学校・幼稚園・保育園が多いこともあって、小さなお子さんも大勢来院されます。始めはお子さんの診察・治療でいらして、その後、ご家族の方も当院の患者様になっていただくというパターンも多いですね。またなかには、遠方へ引っ越したあとも、実家がこちらにあるということで、帰省するたびに通院してくださる患者様などもいらして、とてもありがたく思っています。

「一番得意なのはトークです」(笑)

久保 光司 院長

とにかく説明を徹底することです。時々「先生の専門は何ですか?」と聞かれることがあるのですが、その際には「一番得意なのはトークです」と答えるようにしています。前職は何と言っても商社の営業マンですから(笑)。それは半分冗談だとしても、患者様からはよく「こんなに丁寧に説明をしてくれる歯医者さんは先生が初めて」とおっしゃっていただけます。
かつては歯科医師が上から目線で診察・治療をする時代もあったかもしれませんが、今はそういう時代ではありません。やはり一番大事なのは患者様本人の意志、そしてきちんと納得した上で治療に臨まれることですから、私自身も「こうすると良いですよ」ということは言いますが、「こうしなさい」とは絶対に言いません。
その他には「自分の家族がされて嫌なことは患者様にもしない」というのも心がけていることのひとつ。特に小さなお子さんの治療に際しては歯医者さんイコール怖いところという印象を与えないように、接し方はもちろん何気ない会話にも気を配っています。

ストレス社会の影響も視野に入れながら、行き届いた対応を目指して

食事の際に物をあまり噛まなくなったと言われて久しいですが、その影響もあって、あごが小さな患者様が増えているように感じます。あごが小さいと、どうしても口が大きく開きませんので治療もしづらく、歯科医師としては気を遣うところです。
また、現代はストレス社会ということで、精神的に不安定な方も増えています。ちょっとした麻酔をするのでも過度に緊張してしまう患者様もいらっしゃいますので、先ほども申しました通り、治療についてしっかりとご説明させていただくこと、そして多く会話を交わすことで患者様にリラックスしていただくことも併せて心がけています。

これから受診される患者さんへ

私たち歯科医師は歯の診察・治療をするのが仕事ですが、しかし毎日のお口のケアができるのはやはり患者様ご自身ということになります。歯のどの部分に汚れがたまりやすいかなどをご説明しながら、毎日の歯磨きの仕方についても丁寧にアドバイスいたしますので、虫歯になる前に、たとえ今は痛いところがなくてもどうぞお気軽にご来院ください。年に何回か美容院で髪を綺麗にしてもらうような感覚で、歯科医院にも来ていただけると嬉しいですね。
また、当院は建物の2階にございますが、エレベーターやスロープを完備し、診察室内も広めのスペースを確保しています。車いすの患者様もご利用いただくことができますので、ご予約の際には遠慮なくお申し付けいただければと思います。

※上記記事は2013年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

久保 光司 院長 MEMO

  • 出身地:静岡県
  • 趣味:旅行、ドライブ
  • 好きな本・愛読書:シドニー・シェルダンの本
  • 好きな映画:ジャッキー・チェン主演作品
  • 好きな言葉・座右の銘:笑う門には福来る
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所・観光:オーストラリア

グラフで見る『久保 光司 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート