江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(江戸川区)―

市川 貴士 院長/ティーアイ歯科クリニック(小岩駅・小児歯科)の院長紹介ページ

市川 貴士 院長

TAKASHI ICHIKAWA

歯医者さんっぽくないサロンのような空間で、3人の専門分野ドクターによる連携治療。

鶴見大学歯学部卒業。東京歯科大学で口腔外科学を学び、2009年に『ティーアイ歯科クリニック』を開設(JR総武線「小岩駅」より徒歩2分)。

市川 貴士 院長

市川 貴士 院長

ティーアイ歯科クリニック

江戸川区/西小岩/小岩駅

  • ●小児歯科
  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

生まれ育ったこの街で、お口を通して皆さんの健康に寄与していきたい

市川 貴士 院長

「医療系の仕事に進みたい」という気持ちは昔から持っていたように思います。それは叔父が医師であったことが関係しているかもしれません。叔父の一家はみんなが医療系に進んでいて、彼らから影響を受けた結果が、医療系の仕事を志す端緒となったように思います。
ただ、私自身は歯医者さんに馴染みはなく、大人の歯になってから1回も治療を経験したことがないのです。ですから、大学に入って初めて歯医者さんを知ったという感じかもしれません。実際に歯科医師となり、患者さんを前にするようになって思ったことは、人と話すという部分において、「自分に向いているのではないか」という感覚でした。知識や技術はもちろん大事なものですが、「人と接していく」という基本となる部分を今後も大事にしていかなければと思っています。
大学を卒業後、東京歯科大学口腔外科学講座に入局しました。やはり、その時期に開業医となってからでは経験出来ないことを勉強しようと考えてのことです。虫歯を削るですとか、一般歯科の内容とは異なりますが、それを経験出来たことは今に生きていると思っています。また、紹介したりされたり、今に続く病診連携の礎を得られたことも大きなことでしょうね。
2009年にJR総武線「小岩駅」北口から徒歩3分の当地に、口腔外科、 歯周病予防、根管治療、ホワイトニングやセラミック治療、 矯正認定医による矯正歯科治療(小岩矯正歯科センター併設)、差し歯やインプラント、入れ歯の作成など、幅広く総合歯科診療を行う『ティーアイ歯科クリニック』を開院致しました。生まれ育ったこの街で、お口を通して皆さんの健康に寄与していきたいと考えています。

分野の異なる複数の専門医が、患者さんの多様なニーズに応えていく

市川 貴士 院長

当院は口腔外科出身である私にくわえ、義歯(入れ歯)、矯正という3つの分野の専門医が診療にあたっています。地域性と申しましょうか、この辺りは下町で歴史が長いということもあり、ご高齢の方からお子さんまでバランスよく住まわれている地域です。となれば無論ニーズも多様なわけで、そのニーズに専門性を持って対応出来るということは、院長である私にとってみてもありがたいことだと思っています。
それぞれジャンルの異なる専門医が在籍するということは、同じ症状を見るにしても角度が複数あるということを意味します。異なる立場から議論を詰めていき、その時その時で1番良いものを提供していきたいと考えています。

歯科治療の評価は、治療を終えたその瞬間に決まるものではない

市川 貴士 院長

「1人の人をずっと診続けていきたい」 。これが私の思うところです。歯科治療の評価とは、治療を終えたその瞬間に決まるものではありません。治療から数年が経過し、問題なく現存している。それをもって初めて「上手くいった」ということになり、治療を終えた瞬間の満足感というものは自己満足に過ぎないのです。
最終的に患者さんに満足してもらえるのは、おそらく10年、20年が経った時のこと。その到達点を目指し、末永く皆さんのお口を診させていただきたいと思っています。

将来ある子供たちのために、出来る限りのことをしていきたい

院内には無料のガラポンを設置していまして、診療が終われば私から直接子ども達にコインを渡すようにしています。しかしある時、うっかりしてコインを渡すのを忘れたことがありました。するとその子は入り口に立ったまま、何か言いたげな顔で私の顔をじっと見てるんです(笑)。あわてて、「ごめん、ごめん」とすぐさまコインを渡したのですが、その仕草がまたいじらしくてですね(笑)。
年齢やお口の状況に関係なく、全ての症状を診ていきたいと考えていますが、やはり、お子さんは特に気になってしまいます。単純ですが、小さい子が大きくなっていく姿を見るのは楽しいものです。まだ開院して5、6年というところですが、それでも子供たちはずいぶんと変わっていきます。将来ある子供たちのために、出来る限りのことをしていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

舌の痛みや口が乾くといった症状。稀なケースではありますが、こうした症状は決して皆無ではありません。口腔外科に在籍していた経験がそうしたケースでお役に立てるかと思いますし、今後も努力してきたいと考えています。

医療の本質とは、現状維持にあると私は捉えています。歯医者さんであれば、それを担うのがクリーニングやメンテナンスの部分であり、これを怠れば状況は確実に悪くなっていきます。まずは定期的にいらしていただくこと。ご自分の目で様子の変化が確認出来れば、歯磨きにも一層熱が入るようになります。良い状態を出来るだけ長く保つために、歯医者さんを上手に利用していただきたいですね。

※上記記事は2014年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

市川 貴士 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スポーツ観戦
  • 愛読書:Touchdown
  • 好きな映画:アクション、カンフー系
  • 好きな言葉:一歯入魂
  • 好きな音楽:ハードロック、メタル系
  • 好きな場所:ディズニーリゾート

グラフで見る『市川 貴士 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート