江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(江戸川区)―

呉 啓燮 院長/ホワイト歯科クリニック(平井駅・歯科)の院長紹介ページ

呉 啓燮 院長

KEISHO KURE

重度歯周炎治療に力を。
皆様の魅力的な笑顔作りをお手伝い。

東京医科歯科大学歯周病科に8年在籍したのち、『ホワイト歯科クリニック』を開院(JR総武線「平井駅」より徒歩4分)。現在にいたる。歯学博士(歯周病学)。

呉 啓燮 院長

呉 啓燮 院長

ホワイト歯科クリニック

江戸川区/平井/平井駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

たくさんの仕事の中から、この仕事に就けたことを幸せに感じて

呉 啓燮 院長

物心付いたときから漠然と「医者になりたい」と思っていました。そんな中、高校生の頃スキーで怪我をした時に、以前からお世話になっている女子医大の主治医から「君は性格的にも手の器用さからも歯科医に向いてるよ」と言われた事がありました。
主治医のその言葉が歯科医を志した最大の理由という訳ではありませんが、少なからず影響はあったと思います。
現在では、世の中様々な仕事がある中、歯科医師を選択できたことを心から嬉しく思っています。

医療はサービス業の最先端

呉 啓燮 院長

私が32歳の時に『ホワイト歯科クリニック』を開院し、早25年近く経ちます。月・水・金曜日の朝9時から夜9時までの診療時間は開院当時と変えていません。この診療体制は私にとって、ひとつのメリハリなんです。
週3日でも診療日は朝から晩まで仕事に専念し、診療後には筋トレ等の体力増進の日にしているんです。しかも、この週3日は好きなお酒を一切しない日と決めているんです。
ただし、それ以外の日は自由に過ごしますけどね(笑)。

常に患者様の立場に立ち、自分がしてもらいたいと思う治療方法を考え、決して妥協せず、ポリシーを持って日々診療にあたっています。
また私自身、医療はサービス業の最先端という発想ですので、痛くなく患者様が満足するような診療を常に心がけてもいます。

患者様と共に「8020運動」に積極的に取り組む

呉 啓燮 院長

健康寿命とは、人生の中で障害の無い期間(支援や介護を要しない期間)を言います。
高齢者の中でも自身の歯がしっかりある方は介護を必要としない方が多いのです。何故なら、歯がしっかりあれば、噛む事で脳が活性化しますし、しっかり栄養も摂取できます。その為にも歯の本数は重要となるんです。
健康寿命をいかに延ばすかは、人生生活の質を高める上で、極めて重要な課題であるといえるでしょう。
また、患者様と共に8020運動にも取り組んでいます。8020(ハチマルニイマル)運動とは「80才になっても20本以上自分の歯を保つことで豊かな人生を」という考えのもとに、国と日本歯科医師会により提案された運動です。

『人生の基本は家庭にあり』

『人生の基本は家庭にあり』という言葉が好きなように、私の休日は基本的に家族で過ごす事が多いです。時には私と妻と二人で料理を作り、沢山の仲間たちを呼んでホームパーティーをする事もあります。ちなみに妻は以前韓国料理の教室を開いていた程の腕前なんです。

我が家は4人家族で、マスコミ関係に就職した長女と現役で国立大歯学部に進んだ長男、そして、酒飲みの妻がいます(笑)。長男の合格発表の時は本当に嬉しくて思わず涙して抱き合いました。
長男は小学3年の頃に私と同じく、「歯科医になるんだ」と言ってくれました。当時その言葉を聞いたときは嬉しくて父冥利につきましたね。
今でも我が家の食卓は話題と笑いが絶えません。そんな仲のいい家族が自慢ですし、周囲からも、おほめの言葉を頂くことが多いです。

3人兄弟の末っ子だった私は親の手を煩わせないお利口さんな子供でした(笑)。それに幼稚園の頃から器用で何でも出来ましたし几帳面な性格でした。
また、祖国韓国の誇りを忘れない少年でした。ちなみに日本で韓国に対する見方を変えてくれたのがあの『冬のソナタ』なんだよねぇ。

これから受診される患者さんへ

私は歯科大を卒業してから歯周病(歯槽膿漏)の研究に没頭し、東京医科歯科大学において博士号の資格を取得しました(現代のようにまだ歯槽膿漏の治療方法が確立されていない時代でした)。
その為当院では、歯周病やインプラント治療においても多くの実績を上げています。

インプラントが日本で認められだしたのが20年程前ですが、インプラントのメリットは人工の歯根を直接骨に埋め込む治療法のため、骨の退化を防ぐこともできますし、メンテナンスがよければ長い間使い続けることができます。また、入れ歯のように健康な歯に負担をかけなくても済むというメリットもあります。
しかしながら、インプラントによる治療は、最終選択であり、何と言っても自分の歯を残すことが1番です。
世の中のインプラント臨床成績をよく把握した上で、当院でも11年前にインプラント治療を取り入れました。 ただ、料金が高額ですので、患者様の負担が少しでも少なく済むよう、努めていければと思っています。それが時代のニーズに答える私の使命だとも思っています。

最後に、私の長年積み重ねてきた経験と実績を基に、患者様に少しでも喜んでいただけよう最善の方法で治療いたします。お口の中の悩み等がございましたら、JR総武線「平井駅」の歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科を標榜する『ホワイト歯科クリニック』に、是非ご来院ください。

※上記記事は2009年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

呉 啓燮 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ガーデニング、料理、ゴルフ、旅行
  • 購読雑誌:オレンジページ、日経サイエンス
  • 好きなドラマ:刑事コロンボ(海外ドラマ)
  • 好きな言葉・座右の銘:人生の基本は家庭にあり
  • 好きなアーティスト:カーペンターズ、ケイコ・リー、J&O
  • 好きな場所・観光地:カパルア(ハワイマウイ島)、富戸の港(伊豆)

グラフで見る『呉 啓燮 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート