江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

手根管症候群の解説

手根管症候群

原因
腕から手先に伸びる正中神経が圧迫されるためにおこる。手をよく使う仕事で発症しやすいといわれているが、はっきりした原因はわかっていない。
症状
親指、人差し指、中指にしびれが生じ、痛みを感じることもある。中年の女性に多くみられる。
治療
消炎鎮痛薬などの薬物療法や、正中神経周辺へのステロイド注射がおこなわれる。症状がよくならなければ、正中神経を圧迫している横手根靭帯を切り離す手術がおこなわれることもある。
受診科目
整形外科

『手根管症候群』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

手首の手のひら側にある骨と靭帯(じんたい)に囲まれた手根管というトンネルのなかを、正中神経と9本の指を曲げる筋肉の腱がとおっています。このトンネルのなかで神経が慢性的な圧迫を受けて、しびれや痛み、運動障害を起こす病気です。

出典:手根管症候群とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

初めは人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。これらの症状は朝、目を覚ました時に強く、ひどい時は夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めます。この時に手を振ったり、指の運動をすると楽になります。 進行すると親指の付け根の母指球筋(ぼしきゅうきん)という筋肉がやせてきて、細かい作業が困難になります。とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。

出典:手根管症候群とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

しびれや痛みが軽症〜中等症の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイド薬のトンネル内注射を行います。内服薬では消炎鎮痛薬やビタミンB剤を使用します。これらの保存療法が効かない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。 手術の方法は、靭帯を切ってトンネルを開き、神経の圧迫を取り除きます。トンネルの上を4〜5cm切って行う場合と、トンネルの入り口と出口付近でそれぞれ1〜2cm切って内視鏡を入れて行う場合とがあります。

出典:手根管症候群とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

83件中1~20件を表示

小岩診療所

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●胃腸内科 ●整形外科 ●消化器外科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/5 5
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声