江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

脊柱管狭窄症の解説

脊柱管狭窄症

原因
脊柱管が加齢による椎体の変化のほか、脊椎分離すべり症や椎間板ヘルニアなどで狭くなり、神経が圧迫されておこるとみられている。
症状
手足のしびれや痛み、腰痛など。歩くと痛みが増し、一旦休むと楽になるが、再び歩き出すと痛みがぶり返す。
治療
コルセットをつけ、背骨を後ろに反らさないようにして症状の悪化をふせぐ。歩行時に杖や手押し車を使用することで、負担を軽くすることも有効。麻痺が現れた場合には、脊柱管を広くする手術をおこなうこともある。
受診科目
整形外科
ペインクリニック

『脊柱管狭窄症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や靭帯(じんたい)の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出、つまり、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

出典:腰部脊柱管狭窄症ってどんな病気? 定義・病気・病理の解説|腰部脊柱管狭窄症に関するQ&A|腰曲げ休憩ネット|大日本住友製薬

腰痛、腰の周りが重かったり、違和感、はり感がある、などに加えて、足にしびれや痛みがある、普段はなんともないが、歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる(間欠跛行(かんけつはこう))などの症状が腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

出典:腰部脊柱管狭窄症ってどんな病気? 定義・病気・病理の解説|腰部脊柱管狭窄症に関するQ&A|腰曲げ休憩ネット|大日本住友製薬

治療法は大きく分けて、保存療法と手術療法の2つがあり、重症の場合を除き保存療法から始めます。保存療法には薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法があります。

出典:腰部脊柱管狭窄症の検査・診断・治療について|腰部脊柱管狭窄症に関するQ&A|腰曲げ休憩ネット|大日本住友製薬

対応可能クリニック

84件中1~20件を表示

小岩診療所

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●胃腸内科 ●整形外科 ●消化器外科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/5 5
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声