江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

胸椎椎間板ヘルニアの解説

胸椎椎間板ヘルニア

原因
脊椎にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を果たしている椎間板が、老化や強い衝撃などで線維輪がふくらんだり、線維輪に亀裂が生じて髄核が外にはみ出し、脊髄や神経根を圧迫して障害がおこるもの。字のごとく、胸椎に椎間板ヘルニアがおこったものを胸椎椎間板ヘルニアとよぶ。20~30歳代の男性に多い疾患。
症状
肋骨に沿って電気が走るような激痛がおこる(肋間神経痛)、足のしびれや痛みなど。
治療
急性期には、薬物療法や温熱療法をおこないながら、安静にする。痛みが強い場合には、神経ブロック治療をおこなうこともある。手足のしびれ、歩行障害や排尿障害などの脊髄症状がある場合には、早期の手術も検討される。
受診科目
整形外科

『胸椎椎間板ヘルニア』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

胸椎椎間板ヘルニアとは、背骨の軟骨に生じた異常が原因で、足などにしびれや麻痺が生じてしまう病気のことです。

出典:ヘルニア教室【胸椎椎間板ヘルニアの症状】

胸椎椎間板ヘルニアの場合、足のしびれや脱力感などの異変で気づくことが多いようです。「歩いているときに足がもつれるようになった」「階段を降りる際に手すりにつかまらないと不安になった」といった変化がみられるようになります。背中の痛みや肋間神経通に似た痛みを感じることもありますが、背中の痛みを感じない人も多くみられます。また、足の痛みをはっきりと感じることも少ないとされています。症状が進むにつれて足の筋力が低下し、排尿障害や残尿感が目立つようになってきます。胸椎椎間板ヘルニアの症状は、このような足のしびれや筋力低下のほか、触覚障害や背中からわき腹にかけての痛み、膀胱・直腸障害などがあります。ヘルニアのある場所によっては、膀胱障害だけしかみられないこともあります。

出典:胸椎椎間板ヘルニアの治療 | ヘルスケア大学

胸椎椎間板ヘルニアでは、自覚症状として足のしびれや感覚の低下を訴えることが多くみられます。しかし、薬物療法やリハビリテーションなどの保存療法だけでは、胸椎椎間板ヘルニアが原因で起こる足の麻痺を改善することは難しいとされています。また、予防する方法も特別あるわけではありません。足のしびれなどによって歩行が困難になるなど、脊髄(せきずい)が圧迫されることで生じている症状が明らかになってきたら、手術による治療が必要です。人によっては排尿に問題が起こる膀胱直腸障害がみられることがありますが、この場合も手術適応になります。歩行障害などの症状は進行性のため、そのまま放置していると少しずつ歩けなくなる可能性が高くなります。歩行障害にいたらなくても、足に軽度の麻痺が感じられるときには早めに手術を行う必要性があると考えておいたほうがよいでしょう。

出典:胸椎椎間板ヘルニアの治療 | ヘルスケア大学

対応可能クリニック

83件中1~20件を表示

小岩診療所

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●胃腸内科 ●整形外科 ●消化器外科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/5 5
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声