江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

多発性硬化症の解説

多発性硬化症

原因
脳や脊髄など、中枢神経に脱髄(神経腺維を保護している髄鞘が破壊されること)が生じ、運動障害や感覚障害がおこるもの。脱髄疾患のうち、原因がはっきりしないものを多発性硬化症という。
症状
視力の低下やものが二重に見える(複眼)などの視力障害、手足のまひ、知覚障害などがおこる。
治療
原因がわからないため、治療は対症療法が中心となる。症状が重い場合は、入院して安静にし、ステロイド薬やインターフェロンなどを使用する。
受診科目
神経内科

『多発性硬化症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

多発性硬化症(MS)という名称は「脳や脊髄(せきずい)に多発性の硬い病巣がみられる病気」という意味からつけられています。

出典:多発性硬化症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

MSの病変は、中枢神経であればどこにでも起こりうるもので、起こる時期もさまざまで規則性がありません。また、困ったことに症状がいったん治っても、ほかの症状の再発を繰り返します。したがって、患者さんごとに症状や経過が多様です。なかでもよくみられる症状は、しびれ感や感覚低下、手足の脱力や歩行障害、しゃべりにくさや飲み込みにくさ、視力低下、物が二重に見える複視、排尿障害などです。

出典:多発性硬化症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

症状の増悪期や再発時には、副腎皮質ステロイド薬を大量投与するパルス療法と安静が必要です。 再発を予防したり、長期予後を改善させる目的では、インターフェロンβ(ベータ)を投与します。インターフェロンβの治療は有効ではありますが、1日おきの皮下注射あるいは毎週の筋肉注射を年余にわたって行わなくてはならないので、専門医との十分な相談が必要です。現在、内服薬をはじめとして、いくつかの再発予防の新薬が世界的に開発中です。

出典:多発性硬化症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

20件中1~20件を表示

酒井内科・神経内科クリニック

江戸川区/西葛西/西葛西駅

●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

図南川上脳神経外科クリニック

江戸川区/船堀/船堀駅

●脳神経外科 ●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

京谷医院

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●神経内科 ●小児科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

村上医院

江戸川区/鹿骨/篠崎駅

●精神科 ●内科 ●神経内科 ●心療内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

桂医院

江戸川区/平井/平井駅

●内科 ●神経内科 ●消化器外科 ●皮膚科 ●胃腸内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート