江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

周期性四肢まひの解説

周期性四肢まひ

原因
発症には血液中のカリウム濃度が関係しており、その濃度により3つに分類される。それぞれ原因は異なるが、過労や飲酒、食べ過ぎや激しい運動が誘因となる。また、甲状腺機能亢進症にともなう底カリウム血性周期性四肢まひもある。
症状
急に手足の力が抜けてまひがおこる。発作は数時間から2~3日間続く。痛みや腫れをともなうことがある。
治療
甲状腺機能亢進症を原因とするものの場合、その治療が必要。原因疾患がない場合、アセタゾラミドを使用する。
受診科目
神経内科

『周期性四肢まひ』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

体細胞の内外では、電解質の濃度に差があります。内外の濃度差を調節するために、細胞膜にはさまざまなチャンネル(通路)が存在しています。周期性四肢麻痺はこれらのチャンネルの異常で起こる病気です。

出典:周期性四肢麻痺<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

急に脱力が発生します。筋痛があることもありますが、程度は軽症です。 典型的な低カリウム血性の場合は、お祭りなどでたくさんご馳走を食べた翌朝に起き上がれなくなるというものです。発作のない間欠期には症状はありません。 高カリウム血性は、パラミオトニーという病気と同じといわれています。これは、筋収縮後に自分の意志で筋肉を弛緩(しかん)できないというミオトニーの症状に加えて、寒冷にさらされると脱力を引き起こしますが、まれな病気です。

出典:周期性四肢麻痺<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

甲状腺機能亢進症に伴う低カリウム血性周期性四肢麻痺では、甲状腺機能亢進症の治療が必要です。原因がない場合はアセタゾラミドの投与がすすめられます。低カリウム血性では、カリウム剤の投与やスピロノラクトンの投与なども行われます。 生活面では、低カリウム血性の場合は炭水化物をとりすぎないように注意してください。

出典:周期性四肢麻痺<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

19件中1~19件を表示

図南川上脳神経外科クリニック

江戸川区/船堀/船堀駅

●脳神経外科 ●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

村上医院

江戸川区/鹿骨/篠崎駅

●精神科 ●内科 ●神経内科 ●心療内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

酒井内科・神経内科クリニック

江戸川区/西葛西/西葛西駅

●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

京谷医院

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●神経内科 ●小児科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

桂医院

江戸川区/平井/平井駅

●内科 ●神経内科 ●消化器外科 ●皮膚科 ●胃腸内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声