江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

脳腫瘍の解説

脳腫瘍

原因
頭蓋内に発生する原因不明の腫瘍が発生するもの。良性と悪性の腫瘍がある。良性脳腫瘍は、腫瘍が短期間に増殖したり、転移したりすることはないが、悪性脳腫瘍は、急激に増大したり、周囲の脳組織に浸潤し破壊する。
症状
朝方に強く現われる慢性的な頭痛が特徴。けいれんや、めまい、手足のまひ、吐き気など、腫瘍の発生場所によって症状が異なる。
治療
良性のものは、手術で摘出できればほぼ治る。悪性の場合には、手術による摘出と放射線治療、化学療法などをおこなう。
受診科目
脳神経外科

『脳腫瘍』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。

出典:脳腫瘍<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

脳腫瘍の一般的な症状は、早朝に強い頭痛があることです。くも膜下(まくか)出血などと異なり、突然強い頭痛に襲われることは多くありません。 脳そのものは固い頭蓋骨で保護されており、この内部に脳腫瘍ができると頭蓋骨の内部で圧力が上がります。これを頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)症状と呼びます。 頭蓋内圧亢進症状には、頭痛、吐き気、嘔吐、眼がぼやけるなどの症状があり、進行すると意識が低下する場合があります。小児では吐き気を伴わず、突然嘔吐する場合があります。また成人で、今までにてんかん発作がない人が初めててんかんを起こした場合は、脳腫瘍が強く疑われます。 そのほか、徐々に進行する麻痺や感覚障害、言語の障害、視野が一部欠ける、性格の変化、乳汁分泌や不妊症などの内分泌障害などの症状があります。また、乳幼児では頭の大きさが大きくなる頭囲拡大がみられることがあります。

出典:脳腫瘍<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

脳腫瘍治療の基本は手術による切除です。手術の目的は、病変を切除することと、切除した腫瘍を病理診断医にみてもらいその種類を決定することです。 多くの原発性良性腫瘍は、手術により全部切除することが可能です。一方、原発性悪性脳腫瘍は周囲の神経に沿って発育していることが多いので、手術でその大部分を切除したあと放射線治療や抗がん薬を使った化学療法、免疫療法が行われます。

出典:脳腫瘍<脳・神経・筋の病気>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

14件中1~14件を表示

図南川上脳神経外科クリニック

江戸川区/船堀/船堀駅

●脳神経外科 ●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声