江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

結節性多発性動脈炎の解説

結節性多発性動脈炎

原因
膠原病の一種。原因は明らかになっていないが、免疫異常やウイルス感染の関与が指摘されている。
症状
全身の動脈に炎症がおこる疾患で、発症する部位によって症状は様々。筋肉痛、関節痛、手足の痛み、倦怠感、皮膚の発疹など。
治療
ステロイド薬と免疫抑制剤が治療の中心となる。命に関わる危険性があり、早期に専門医の治療が必要。
受診科目
内科
内分泌内科
整形外科
アレルギー科
リウマチ科
代謝内科

『結節性多発性動脈炎』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

動脈は血管の太さから、大型、中型、小型、毛細血管に分類されます。結節性多発動脈炎は、この内の中型から小型の血管の動脈壁に炎症を生じる疾患です。動脈は全身の諸臓器に分布していますので、腎臓、腸、脳、心臓、皮膚など多彩な臓器に症状を呈します。

出典:難病情報センター | 結節性多発動脈炎

38℃以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能悪化、腹痛・下血、脳出血・脳梗塞、高血圧など様々な症状がおきます。特に重篤な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞などがあります。

出典:難病情報センター | 結節性多発動脈炎

基本的には経口のステロイド薬の服用により治療しますが、その量は重要な臓器障害(心臓・腎臓・消化器など)があるかどうかにより変わります。またこのような重要な臓器障害がある場合には、ステロイド薬だけでは治療に十分ではなく、免疫抑制剤と呼ばれる薬を併用しないと病気の勢いを十分に抑えられないことがしばしばみられます。当初使われる免疫抑制剤としてはシクロフォスファミドがよく使われます。また一旦病気の勢いが抑えられたあとそれを維持するための治療法としても、やはりステロイド薬と免疫抑制剤が使われますが、その場合の免疫抑制剤としてはアザチオプリンやメソトレキサートが使われることがあります。

出典:難病情報センター | 結節性多発動脈炎

対応可能クリニック

334件中1~20件を表示

北浦医院 (在宅診療・往診)

江戸川区/平井/平井駅

●訪問診療 ●内科 ●消化器内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/17 17
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート