江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

血栓性静脈炎の解説

血栓性静脈炎

原因
静脈の壁に炎症や損傷が障子、血栓ができて血管をふさいでしまうもの。繰り返しの注射や、カテーテルを静脈内に長期間留置することでおこる。ペーチェット病やバージャー病、悪性腫瘍、膠原病や静脈瘤が原因になることもある。
症状
皮膚近くの静脈に沿って痛みが生じ、赤い腫れをともなう。足全体に痛みがおこることも。
治療
患部に湿布を貼り、安静を保てば自然に腫れや痛みは治まる。
受診科目
心臓血管外科

『血栓性静脈炎』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

静脈に起こる炎症ですが、静脈炎には血栓を伴うことが多く、また逆に静脈血栓が静脈炎の原因になることも多いため、静脈炎と静脈血栓症(けっせんしょう)を区別することは厳密には不可能です。ただし、従来より症状や重症度に差があるため、体の表面の静脈(表在静脈系)に起こった静脈炎を「血栓性静脈炎」、深部の静脈(深在静脈系)に起こった静脈炎を「深部静脈血栓症」として区別しています。

出典:血栓性静脈炎<循環器の病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

血栓性静脈炎を起こした場所には、索状の発赤と浮腫や痛みを伴う硬結が生じます。また、時に発熱や悪寒(おかん)などの全身症状が現れることもあります。外傷やうっ血などの原因で起こることが多く、化膿性(かのうせい)血栓性静脈炎を繰り返す場合には、悪性腫瘍の合併に注意する必要があります。

出典:血栓性静脈炎<循環器の病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

血栓性静脈炎の急性期は、局所の安静と湿布、弾性包帯などを用いると、数週間で治ることがほとんどです。難治性のものには、抗血小板薬やワルファリンが必要になる場合もあります。感染や静脈瘤炎を合併している時には、血栓の除去や静脈の切除が必要になる場合もあります。炎症は深在静脈まで広がることがあり、肺塞栓の合併にも注意が必要です。

出典:血栓性静脈炎<循環器の病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

7件中1~7件を表示

1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート