江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

慢性関節リウマチの解説

慢性関節リウマチ

原因
根本的な原因は明らかになってないが、一定の遺伝子配列を持つ人に何らかの要因が作用して免疫異常をきたして発症するものと考えられている。女性の発症率は男性の3~4倍と高く、30代から50代に多い。
症状
朝、目が覚めた時に手や手指にこわばりを感じるのが特徴的な症状。やがて手や指の関節に腫れと痛みがおこり、関節の変形などがおこる。膠原病の一種。
治療
薬物療法としては、痛みや腫れなどをやわらげるためのものと、免疫反応を抑制し、進行を食い止めるものの2種類に大別される。運動機能を維持するためのリハビリテーションも重要で、関節機能が破壊された場合におこなわれる手術療法もある。
受診科目
内科
内分泌内科
整形外科
アレルギー科
リウマチ科
ペインクリニック
代謝内科

『慢性関節リウマチ』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

関節リウマチは、70〜100万人の患者数を数え、30〜50代の女性に好発します。ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じます。朝のこわばりはリウマチ特有の症状で、起床時に手指などの関節がこわばって動かしにくく、ぎこちない感じを自覚し、温めたり動かすと数分〜数時間で消えていきます。 こわばり感に引き続いて関節症状が現れます。関節痛は重要な症状ですが、「痛い」だけではなく、関節の腫脹(しゅちょう)(はれ)、発赤、熱感、運動時痛、関節液がたまる、などの症状を伴います。関節炎は、左右対称性に生じ、しばしば移動性で、手指、手、足、膝などの関節に生じます。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

関節リウマチでは、関節局所や一時しのぎの治療ではなく、全身的な、長期的に計画された治療が必要です。治療の中心は薬物療法で、関節の炎症を抑え、関節破壊の進行を防ぐことが目標です。炎症を抑える抗炎症薬と、リンパ球の活性化を抑える抗リウマチ薬の2本立てで行われます。 抗炎症薬は、疼痛や腫脹の緩和を目標とした補助療法として使用します。

出典:関節リウマチ<膠原病と原因不明の全身疾患>とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

321件中1~20件を表示

北浦医院 (在宅診療・往診)

江戸川区/平井/平井駅

●訪問診療 ●内科 ●消化器内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/17 17
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声