江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

腱鞘炎の解説

腱鞘炎

原因
腱は腱鞘という組織で覆われているが、この腱鞘が腱の動きによる摩擦で炎症をおこすもの。手指を繰り返し動かしたり、関節リウマチなどが原因になることがある。
症状
筋肉と骨をつなぐ腱の炎症。指を伸ばしたり曲げたりした時に痛みが生じ、動かしにくくなる。
治療
ギブスなどで固定して安静を保つ。薬物療法として消炎鎮痛剤やビタミン剤の内服があり、ステロイドと局所麻酔の注射も効果がある。
受診科目
外科
整形外科

『腱鞘炎』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

腱鞘炎(けんしょうえん)は、キーパンチャーやピアニスト、漫画家などの職業病として知られています。腱鞘炎の文字どおり、指を動かす腱と、それを包み込む腱鞘がこすれて炎症が発生している状態をいい、手首や指が痛んだり、スムーズに動かせなくなったりします。

出典:女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法 - gooヘルスケア

仕事や手芸、家事などで長時間手指を酷使する人に起こりやすく、女性に多いのが特徴です。とくに妊娠中や出産直後、あるいは更年期の女性に多く、これは、ホルモンの影響で腱鞘が縮んだり硬くなることが原因と考えられています。 また、加齢によって指の関節が硬くなると腱鞘も硬くなるため、腱鞘炎になりやすくなります。上記の女性や中高年の人は、とくに手指の使いすぎには注意すべきでしょう。

出典:女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法 - gooヘルスケア

もし、安静を守っても症状が改善しない場合は、整形外科を受診してください。腱鞘炎の治療には高度な技術が必要なため、「手の外科」を専門にしているところがよいでしょう。腱鞘炎と診断されても、軽症なら消炎鎮痛薬を使った治療を行い、手を休めることができればこれで症状は治まります。重症の場合は、ステロイド薬を腱鞘の中に注射します。この治療により、ほとんどの場合改善するといわれます。しかし、こうした治療でも改善しない場合や、再発を繰り返すときは、腱鞘を切開するなどの手術を行う方法がとられます。

出典:女性に多い腱鞘炎-手首と指に起こる主な2つのタイプ|改善法 - gooヘルスケア

対応可能クリニック

117件中1~20件を表示

1 PAGE 1/6 6
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート