江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

脊髄小脳変性症の解説

脊髄小脳変性症

原因
小脳と脳幹が変性し、萎縮する病気。遺伝性のものと非遺伝性のものとがある。
症状
歩く時にふらつく、舌がもつれるなどの症状がおこる。立ちくらみや発汗障害、排尿障害などがみられることもある。
治療
確実な治療法はないが、症状をやわらげる薬剤を用い、運動障害にはリハビリテーションがおこなわれる。
受診科目
神経内科

『脊髄小脳変性症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

歩行時のふらつきや、手の震え、ろれつが回らない等を症状とする神経の病気です。動かすことは出来るのに、上手に動かすことが出来ないという症状です。主に小脳という、後頭部の下側にある脳の一部が病気になったときに現れる症状です。この症状を総称して、運動失調症状と呼びます。この様な症状をきたす病気の中で、その原因が、腫瘍(癌)、血管障害(脳梗塞、脳出血)、炎症(小脳炎、多発性硬化症)、栄養障害ではない病気について、昔は、原因が不明な病気の一群として、変性症と総称しました。病気によっては病気の場所が脊髄にも広がることがあるので、脊髄小脳変性症といいます。脊髄小脳変性症は一つの病気ではなく、この運動失調症状をきたす変性による病気の総称です。

出典:難病情報センター | 脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く。)

主な症状は、起立や歩行がふらつく、手がうまく使えない、喋る時に口や舌がもつれるなどの症状です。痙性対麻痺では、足の突っ張り、歩きにくさが特徴的な症状です。脊髄小脳変性症では、これらの症状がたいへんゆっくりと進みます。このような、運動が上手に出来ないという症状を総称して運動失調症と言います。脊髄小脳変性症として総称されている病気では、それぞれの種類で、運動失調以外にもさまざまな症状を伴います。

出典:難病情報センター | 脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く。)

多くの脊髄小脳変性症で病気の原因が判明しました。その原因に基づき、多くの研究者が研究を進めています。ヒトと同じような機序で同じ症状を出す動物(モデル動物)も作られています。それらのモデル動物を使って症状の進行を妨げる薬剤も多数報告されています。しかし、現時点では、残念ながら、それらの薬剤がヒトで有効である事は確かめられていません。

出典:難病情報センター | 脊髄小脳変性症(多系統萎縮症を除く。)

対応可能クリニック

20件中1~20件を表示

酒井内科・神経内科クリニック

江戸川区/西葛西/西葛西駅

●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

図南川上脳神経外科クリニック

江戸川区/船堀/船堀駅

●脳神経外科 ●内科 ●神経内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

京谷医院

江戸川区/北小岩/京成小岩駅

●内科 ●神経内科 ●小児科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

村上医院

江戸川区/鹿骨/篠崎駅

●精神科 ●内科 ●神経内科 ●心療内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

桂医院

江戸川区/平井/平井駅

●内科 ●神経内科 ●消化器外科 ●皮膚科 ●胃腸内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート