江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

劇症肝炎の解説

劇症肝炎

原因
原因が特定できないものも多くなっているが、最も多いのは、肝炎ウイルスによるもの。
症状
全身の倦怠感、吐き気、黄疸などがみられる。症状が進むにつれ精神錯乱などをおこし、羽ばたき振戦(手を水平に上げた時に鳥が羽ばたきをするようなふるえ)がみられるようになる。
治療
抗ウイルス薬、免疫抑制薬、血漿交換療法、肝移植などの治療が集約的に用いられる。
受診科目
消化器内科

『劇症肝炎』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

劇症肝炎とは、急性肝炎のなかでもとくに重症のもので、高度の肝機能不全(かんきのうふぜん)と意識障害(肝性脳症(かんせいのうしょう)または肝性昏睡(かんせいこんすい)と呼ぶ)を特徴とします。

出典:劇症肝炎とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

劇症肝炎では、細菌の感染や腎臓、肺、心臓、消化管などの異常、血液凝固の異常など、全身の臓器の障害が高頻度に起こります。そのため、発熱、呼吸困難、むくみ、下血、口腔内や注射針で刺した部位からの出血など、色々な症状が次々と現れることになります。

出典:難病情報センター | 難治性の肝炎のうち劇症肝炎(指定難病ではありません)

劇症肝炎となった場合には、肝臓の働きを補うための人工肝補助療法を行って、身体に必要な物質を補充し、有害な物質を取り除きます。この治療法には、患者さんの血液から血球以外の成分(血漿)を取り除き、これを健康な人の血漿と交換する方法(血漿交換)と、腎臓が悪い患者さんで行われている血液透析を応用した方法(血液濾過透析)があります。また、全身のいろいろな臓器の障害に対しても適切な治療を行う必要があります。これらの治療によって肝臓の機能が低下している期間を乗り切れると、肝臓が再生してくるので救命することが可能です。しかし、劇症肝炎ではこのような治療によっても肝臓の機能が回復しないことがあり、その場合は肝移植を行うことになります。脳死者からの肝臓を移植する場合と、近親者の肝臓の一部分を移植する場合(生体部分肝移植)があります。わが国では生体部分肝移植が広く行われてきましたが、平成22年に法律が改正され脳死肝移植の実施数が増えており、劇症肝炎の患者さんも脳死肝移植を受けることが多くなっています。

出典:難病情報センター | 難治性の肝炎のうち劇症肝炎(指定難病ではありません)

対応可能クリニック

19件中1~19件を表示

北浦医院 (在宅診療・往診)

江戸川区/平井/平井駅

●訪問診療 ●内科 ●消化器内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約

メイプルクリニック

江戸川区/南篠崎町/瑞江駅

●内科 ●消化器内科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート