江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

下肢静脈瘤の解説

下肢静脈瘤

原因
生まれつき静脈内の弁が生まれつき弱い人や、静脈壁がもろくなる高齢者に多くみられる疾患。長時間の立ち仕事、長距離旅行での長時間の座位、肥満や妊娠、外傷などによって症状の発生や悪化を引き起こす。
症状
足のむくみ、だるさ、つっぱり感など。長時間立ったままの仕事をしている人や、妊娠中の女性に多くみられる。
治療
潰瘍や合併症がみられない場合には、静脈血の逆流とうっ血を防止する弾力ストッキングを用いる。症状が強く出るような場合には、血管を固める硬化薬を静脈瘤に注入する硬化療法や、静脈を縛る、もしうは抜去、または異常な弁を修復する外科的療法、静脈を内側から焼いてしまうレーザー療法などがおこなわれる。
受診科目
心臓血管外科

『下肢静脈瘤』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

血管には動脈と静脈の2種類がありますが、体の隅々で不要になった老廃物を含んだ血液が、足の筋肉のポンプ作用によって心臓まで運ばれ戻っていきますが、この通路となるのが静脈です。

出典:下肢静脈瘤広報センター

初期には静脈の怒張(どちょう)(ふくれあがる)だけですが、症状が進むと立位での下肢のだるさやうっ血感、重量感、疼痛、浮腫、筋肉のけいれんなどが出現し、静脈瘤部の知覚異常やかゆみ、かくことによる慢性湿疹(まんせいしっしん)様の皮膚炎なども現れてきます。 慢性期になると、浮腫、出血、皮膚の色素沈着、難治性潰瘍(なんちせいかいよう)、血栓性静脈炎の急性症状、うっ滞性皮膚炎などが出現し、時に難治性潰瘍(静脈瘤性下腿潰瘍(かたいかいよう))となることもあります。

出典:gooヘルスケア

初期の軽度のものでは、長時間の立位を避け、弾性ストッキングを着用し、夜間に患肢を挙上する(高く上げておく)ことによって、症状は改善します。 症状が強く大きな静脈瘤があるもの、うっ血が著しくて下肢の挙上でも改善しないもの、慢性の静脈血行不全があるもの、血栓性静脈炎を繰り返すものなどに対しては、(1)大小伏在静脈の皮下抜去(ストリッピング)、(2)静脈の高位結紮剥離、(3)静脈瘤の切除、(4)硬化薬注入による治療などが行われます。

出典:gooヘルスケア

対応可能クリニック

5件中1~5件を表示

1 PAGE 1/1 1
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声