江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(江戸川区)―

肩こり[カタコリ]の解説

肩こり[カタコリ]

原因
主に筋肉の使い過ぎにより、筋肉が収縮し、かたくなり、血管が圧迫されて血行が悪くなっている状態。痛みやこりを感じると筋肉を動かさなくなるので、なおさら筋肉が収縮して痛みが増す悪循環におちいりやすい。長時間同じ姿勢でいたり、不自然な姿勢を続けていたりすることも原因となる。
症状
首から肩にかけての筋肉のこわばり、首の後側から後頭部にかけてのつっぱりなどを感じる。男性より女性に多い。
治療
筋肉の疲れが原因の場合は、肩を温めたり、ストレッチやマッサージなどで痛みをやわらげるとともに、正しい姿勢をとり、長時間の作業を避けるなど、日常生活の改善を心掛けることで回復する。しびれや麻痺を感じたり、どんな姿勢でも痛みがあるなどした場合は、原因疾患があることが疑われる。
受診科目
整形外科

『肩こり[カタコリ]』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

肩の筋肉疲労の症状は、肩のこりや痛みを中心に発生し、症状の程度によっては首筋のこわばりや腕の痺れも起きることがあります。こりの部分を指で押さえると硬くなっていることが分かり、押した際に痛みを伴います。

出典:肩の筋肉疲労(肩こり・肩の痛み)の症状・原因・治療法|首・肩の症状からわかる病気一覧

デスクワークの方や自動車のドライバーの方に多く見られ、その他日常的に筋肉疲労を起こしやすい姿勢(猫背等)の方に見られる症状です。

出典:肩の筋肉疲労(肩こり・肩の痛み)の症状・原因・治療法|首・肩の症状からわかる病気一覧

肩の筋肉疲労の治療法は、姿勢を正すことと運動が中心となります。長時間のデスクワーク等を行う場合は、適度な休息をすることで首から肩にかけての血行不良を防ぎます。特にデスクワークを中心とした生活を続ければ猫背の姿勢になりやすく、その結果、肩の筋肉疲労をより進めてしまう可能性があります。また、定期的にストレッチや運動を行うことで血行促進に務めることが大切です。ストレッチ運動を行う際は、正しい指導の下で行うことが推奨されます。

出典:肩の筋肉疲労(肩こり・肩の痛み)の症状・原因・治療法|首・肩の症状からわかる病気一覧

対応可能クリニック

88件中1~20件を表示

1 PAGE 1/5 5
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート