江戸川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(江戸川区)―

伊藤 洋太 院長/葛西内科皮膚科クリニック(葛西駅・内科)の院長紹介ページ

伊藤 洋太 院長

YOUTA ITO

糖尿病から皮膚トラブル、健康管理まで
地域に暮らすみなさまの健康をサポート

東京慈恵会医科大学を卒業後、糖尿病を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院で経験を重ね、『葛西内科皮膚科クリニック』の院長に就任。

伊藤 洋太 院長

伊藤 洋太 院長

葛西内科皮膚科クリニック

江戸川区/中葛西/葛西駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●呼吸器内科
  • ●糖尿病内科
  • ●皮膚科
  • ●小児皮膚科
  • ●アレルギー科

みんながハッピーになっていく医療を目指して

伊藤 洋太 院長

学生時代は理系の勉強が好きで、得意だったんですね。そして高校卒業後の進路について考えたとき、理工学部に進んで機械相手の仕事をするよりも、人と関わりながら、人の役に立てる医療の仕事の方が向いているかな、と思ったんです。またその一方で、医学部を受験すると言ったら「まわりの注目を集められるかな?」という、淡い期待を抱かなかったわけでもありません(笑)。
私は両親が医師であるとか、自分のまわりにドクターがいる環境に育ったわけではありません。それだけに、医療現場の実態をよく知らなかった、と言いますか。医学の力で病気を治し、みんながハッピーになっていく…。医療に対しては、そんなイメージを持っていたんですね。そのため、自分が研修する診療科を決めるときには、どことなくハッピーな雰囲気に惹かれて(笑)、産婦人科を選びました。その後、実際に医療の現場で経験を重ねるなか、私は内分泌や代謝に起因する疾患に苦しむ患者さんが多くいらっしゃることを痛感しました。そのため私は、この分野の知識を深め、病気を未然に防ぐための医療をおこないたいと考えて、糖尿病を専門にキャリアを積むことにしたのです。

働く人にもやさしい、土日診療の駅チカクリニック

伊藤 洋太 院長

『葛西内科皮膚科クリニック』の院長に就任するまでは、大学病院や関連病院で診療してきました。さまざまな症例を担当し、たくさんの患者さんとお付き合いする中では、糖尿病治療の空白地帯のような地域で診療した時期もありました。糖尿病は合併症の誘発に注意が必要なのですが、適切な治療がなされなかったために症状が進み、失明される患者さんがいらしたほどでした。とは言え、大きな病院では、患者さんお1人お1人に細やかなケアをすることは叶いません。地域医療の必要性を痛感していたとき、ちょうどこのクリニック開設のお話をいただき、今回の院長就任となりました。
クリニックの名前にあるとおり、当院では内科と皮膚科を大きな柱に、地域のみなさまの健康をサポートしています。ここ葛西は、下町らしさが残りながら新しさもあって、新旧が上手にミックスされた雰囲気のよい街ですよね。働き世代の方も多くお住まいになっていますから、日々の体調不良や皮膚トラブル、検診の結果などについてもご相談いただければと思います。駅からのアクセスもよく、土曜日、日曜日も診療しておりますので、何か気になる症状がありましたら、気軽に足を運んでいただきたいですね。

地域の中の身近なクリニックとして、病気の早期発見に努める

伊藤 洋太 院長

糖尿病は、継続的な治療が必要な慢性疾患であり、「どれだけ患者さんをフォローできるか」という点がとても大事になります。途中で治療をストップしてしまいますと症状が進行し、心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な合併症につながりかねません。そのため、患者さんがドロップアウトなさらないように、きめ細やかにサポートしていく必要があるのです。幸い、当院では管理栄養士が常駐して栄養相談をおこなっているほか、優秀な検査技師による定期健診で合併症のリスクを管理。受診したその場でHbA1c(ヘモグロビンA1c)の数値を測定できる検査機器を備えて、お1人お1人にカスタムメイドの治療をご提供します。
私自身、これまで長く糖尿病を診てきましたけれど、こうして各分野の専門家が連携し、チームとして患者さんを支えていく体制は、非常に画期的だと思います。また、初期の糖尿病はこれといった自覚症状がなく、何らかのきっかけがないと見つけられないという側面がありますので、幅広い症状に対応するクリニックであるということも1つのメリットと言えます。私自身、病院にかかるのは苦手な方ですし(笑)、みなさんも「痛い」「かゆい」といったことがないと、なかなか受診なさらないですよね。そうした意味では、皮膚トラブルを相談した「ついで」に、予防接種をした「ついで」にという感じに、ちょっとした健康相談が病気の早期発見につながれば、本当に素晴らしいことだと思います。

1人1人の訴えに耳を傾け、本当に安心できる診療を

診療の際には、私から話しはじめるのではなく、まずは患者さんのお話をじっくりと伺います。患者さんの中には緊張のあまり、診察室にお入りになっただけで血圧が上がってしまうという方もいらっしゃいますけれど。患者さんが心に思っていることを何でもお話いただけるように、話しやすい雰囲気をつくり出すことも、医師としての大事な役割だと思います。「患者さんの思いをくみ取る」、私がずっと大切にしている診療理念は、まだ研修医だった頃に担当した4歳のお子さんに教えてもらったことでした。これからも患者さんの訴えに丁寧に耳を傾け、みなさんに安心してお帰りいただけるような診察をしていきたいと思います。
ひと昔前は、診察と言えば患者さんを診て、聴診器で聴いて、というスタイルでしたけれど、今は聴診器が超音波(エコー)へと変わりつつあります。音を聴く診察から、画像を見て診断をつける時代へ。迅速かつ正確な診断は、病気の早期発見につながるだけでなく、自信をもって「大丈夫ですよ」と言える根拠にもなり、すべては患者さんの安心につながるものと思います。

これから受診される患者さんへ

『葛西内科皮膚科クリニック』は、東京メトロ「葛西駅」西口から徒歩4分の場所にあります。会社の定期健診などで何かチェックされた項目があったら、ぜひお早めにご相談いただきたいと思います。詳しく調べてみて、異常がみられなければ「大丈夫」だと安心していただけますし、早期に治療をスタートすることで病気の「リスクの芽」をつみとることもできるでしょう。ご自分の健康について、「ちょっと相談してみよう」という感じで、気軽に足を運んでいただきたいと思います。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊藤 洋太 院長 MEMO

  • 出身地:東京
  • 趣味特技:チェロ
  • 好きな映画:ビフォア・サンライズ
  • 好きな音楽アーティスト:ジャズ クラシック
  • 好きな言葉座右の銘:人間得意なところで勝負する
  • 好きな場所:室蘭 地球岬

グラフで見る『伊藤 洋太 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート