東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(江戸川区)―

廣津 卓夫 院長/ひろつ小児科(西葛西駅・小児科)の院長紹介ページ

廣津 卓夫 院長

TAKUO HIROTSU

子ども達との思い出を宝物とし、
患者さん目線で治療を提供する。

東京慈恵会医科大学を卒業後、主に小児がんを専門とし、大学病院で25年の長きに渡り勤務。1994年、地域の子ども達を診るべく、『ひろつ小児科』を開院。現在にいたる。

廣津 卓夫 院長

廣津 卓夫 院長

ひろつ小児科

江戸川区/西葛西/西葛西駅

  • ●小児科

父の患者さんの一言が私をこの道に

廣津 卓夫 院長

亡父が小児科医(山口県で開業)だったこともあり子供の頃から父の背中を見て成長しました。精力的な父の仕事ぶりは子供心にいろいろなことをインプットしてくれました。
一時期、瀬戸内海に住んでいたこともあり、坪内学「二十四の瞳」に感銘を受け離島の小学校の先生にも憧れたこともありました。しかし、父の患者さんから「跡を継いでほしいのでは・・・・」という一言で私の心は決まりました。
最近では「小児科医」は私にとって天職であったのではないかと思えることです。父に感謝!

あたたかい患者さんの支えがあり

廣津 卓夫 院長

25年間、大学病院で小児の疾患(ありとあらゆる症例を経験)を診てきたことを生かし、小児科専門医として、子供の多いこの地で開業することにしました。
平成6年(1994年)7月5日に江戸川区の東京メトロ東西線「西葛西駅」近くに、『ひろつ小児科』として小児科を開院することになったわけですが、開院当初は、患者さん達は本当に来院してくれるのか。江戸川区には来たものの周辺の事が全く解らない、開院したてで看護婦さん達もろくに雇えない、などの理由で本当に不安でした。案の定、開院した7月の患者さんの人数は10人でしたよ・・。しかし8月は20人、9月は30人、10月は40人と少しずつ患者さん達も増えてきて、おかげさまで現在では本当に大勢の患者さん達のご支持をいただいております。

私の宝物!

廣津 卓夫 院長

子供達のやさしさに感激!子供達からは折にふれ、私の似顔絵や聴診器姿の絵が、時にはお手紙(私が入院した時などは励ましの手紙に涙をさそわれたこともありました)が届きます。
子供達のやさしさが嬉しく、頂いた物は診察室に貼り、1年ごとにスクラップブックに張替え保存しています。私の宝物です。

バラの栽培からは多くのものを教わった気がします

休日は家内と一緒にショッピングや音楽鑑賞に出掛けたりします。
息子も2人いますが、2人共、もう立派な大人なので、なかなか家族全員で出掛けることはないですね。
現在、長男も私と同じく医師として活躍しているのですが、耳鼻科に進みまして・・。本当は小児科に進んでほしかったんですけどね。

仕事以外で夢中になっていることは、実はバラ栽培に凝っています。親しい友人からバラ栽培を習っているのですが、これがまた奥が深いんです。苗を育て、株を成長させ、花を咲かせるまでは、いろいろ大変ですが、初めてバラを咲かせたときは本当に感動しました。バラに教えられる事も多くあります。

小学校低学年の頃は気が弱く、よくいじめられたりもしました。しかし高学年になり、いい先生との出会いにより、私も変わり強くなれました。その先生と行った瀬戸内海のキャンプは今でも忘れられません。

これから受診される患者さんへ

私の父は78歳まで医師として活躍し、亡くなる前日まで患者さんの診療をしていました。そんな父に負けないくらい、私も体力の続く限り、ここ西葛西で小児科医として、がんばっていこうと思います。

※上記記事は2008.8に取材掲載したものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

廣津 卓夫 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:山口県
  • 趣味:クラシック音楽鑑賞(モーツァルト、バッハ)、ジャズピアノ鑑賞
  • 好きな作家:藤沢 周平
  • 好きな映画:ジャイアンツ、理由なき反抗、エデンの東
  • 好きな言葉・座右の銘:学問は登山に似ている。一段一段眺望は展けるが、汗をかかないでは頂上は極められない。
  • 好きな音楽・アーティスト:ジャズピアニスト(ビル・エバンス)
  • 好きな観光地:オーストリア

グラフで見る『廣津 卓夫 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート